2019年12月01日

師走にもゆとりを

冬の空気は冷たく、布団から出ることが朝の大仕事となってきました。

さて、あっという間に時は過ぎ、今年も残りひと月となりました。

12月は「師走」という和風月名がついていて、その由来はお師匠様である僧侶がお経を読むために東西南北を馳せるという意味で、“師・馳せる”→“しはす”→“しわす”となった説が有力だそうです。そして時代とともに“師が走る”となり、「師走」に変わっていったようです。12月のお寺はとても忙しいことを意味しているんですね。

僧侶ではなくても、12月、特に年末は“年内に終わらせよう”という雰囲気もあり、大掃除をしたり気持ちもせかせか、バタバタしてしまう印象があります。しかし、今年も終わるという時こそ、落ち着いて1年を振り返り、今年も色々と頑張ったなぁと自分を褒めてあげてから年を越したいものです。

みなさんはどんな1年でしたか?私は2019年を振り返ると、新たに環境が変わり、初めての場面や緊張する場面が多かったなと思います。失敗したり、シュンとなることもありました。しかしその分「頑張る」場面も多く、また人との出会いもたくさんあり、充実した1年となりました。あとは、3月に別府と湯布院へ旅行に行き、美味しいものを食べたり温泉でまったりしてリラックスしたことが印象に残っています。写真は旅行先で食べてとても美味しかった「地獄蒸し」というものです。このように力の抜ける時間があったからこそ頑張れる時間があったのかもしれません。

また、今年は7年ぶりくらいにピアノを弾いてみました。全然弾けないだろうと思っていたのに案外指が動いて嬉しかったのと、懐かしい響きに癒されました。昔熱中していたことにまた触れることはこんなにも心躍るものなんだなぁと実感して、新たなストレス発散法に仲間入りしました。

このようにじっくり思い返してみると、マイナスなことばかりではなくて、ふとした楽しかったことや癒されたことが、きらきらと見えてきます。
2019年の締めくくりに、ぜひゆっくり振り返ってみてくださいね。

これから冬本番になりますので、お体にお気をつけて、よいお年をお迎えください。


201911.jpg

posted by にしむらクリニック at 08:00| クリニック便り

2019年11月01日

芸術の秋

一段と日が暮れるのが早くなり、
晩秋の気配が感じられるようになりました。

先月のブログで「○○の秋」という話がありましたが、
私の今年の秋は「芸術の秋」です。
この秋は美術館に行ったり、
カメラを持って出かけたり、
様々な形で芸術を楽しむようにしてみました。

これまでは美術館と聞くと 、
芸術的なものってなんだか難しそう…
見てもわからないんじゃないかな…
というイメージが私の中ではありました。
しかし、実際に美術館に行ってみると
私たちの身の周りにある素材を使った現代アートがあったり、
100年近く前の作品からも 現代に通ずるところを感じたり、
難しいことは考えずに楽しむことができました。

そんな見方もあったのか!
こんな表現方法があるのか!
など 新しい発見ができることも刺激的でした。

美術館より気軽に入れる、
無料のアートギャラリーもたくさんあるので
そういったところにも行ってみようと思います。
みなさまも休日のお出かけにいかがですか?

IMG_8888.jpeg


posted by にしむらクリニック at 12:10| クリニック便り

2019年10月01日

「〇〇の秋」

やっと気候も秋めいて、涼しい日が増えてきましたね。
食欲の秋、芸術の秋、睡眠の秋…〇〇の秋という言葉はたくさんありますが、皆様は一番に何を思い浮かべますか?

最近、私はというと、日々の運動不足を解消しようとランニングを始めてみました。
ちょうどセール品になっていたランニングシューズを見かけ、最近調子が上がらないのは運動不足も関係しているのかもなと思い立ち、これも何かの縁だ!と思い切って買ってみました。
ランニングと言っても、ほとんどウォーキングのようなものですが、それでも少し距離を進むとぜぇぜぇはぁはぁ息が上がり「もうダメだ…誰か助けて…」と大げさなくらい疲れ果ててしまいます。
それでも「今日はここまで」「この間はここまで走ったから今日は少し先のここまで」と、少しずつ少しずつ、それこそ2〜3mずつくらい目標を長くしてみると、‘もう限界’と思った後も、数mは最後の力を振り絞り、目標地点まで行けるようになってきました。

ランニングを始めて改めて気づいたことは、‘目標地点は確実に達成できそうで、でもほんの少しだけ無理をしないとたどり着けない地点に設定する’ことです。
この‘ほんの少しだけ’というのがミソですね。
遠くに設定しすぎても、途中で心が折れてしまって、諦めたくなってしまう。
近くに設定しすぎても、簡単に到達できてしまって達成感が得られない。
この‘ほんの少しだけ無理をする必要があるけど確実に達成できるだろう地点’に設定することで、目標に到達して達成感を感じることができるし、「よく頑張った自分!えらい!」と思いっきり自分を褒めることができるなと感じます。
しかも口に出して言います。そうするとさらに気分が良くなります(笑)
ということで、私の秋は「運動の秋」になりそうです。
なんとか続けていきたいと思います。

皆様にとっても、少しでも気持ちのよい秋でありますように。

201910.jpg
posted by にしむらクリニック at 11:46| クリニック便り