2018年08月01日

扇風機

こんにちは。
暑い日が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

夜もなかなか気温が下がらず、寝苦しい日が続いていますね。
そんな日は冷房をかけて寝ればいいのでしょうが、私の両親があまり冷房を使わない人で、
小さい頃から扇風機で夏を乗り越えてきたので、今でもあまり冷房が得意ではないのです
(小学生の頃の夏休みの宿題で
「扇風機 回しすぎたよ 羽が飛ぶ」
というしょうもない句を詠んでしまうくらい扇風機に頼った生活をしていました)。

熱中症予防のためにも冷房は必要かと思いますが、冷房が苦手な人が少しでも涼しく寝られるように、
また冷房を使用する人もより涼しく寝られるように、扇風機を使った以下のような方法があるようです。

まず、夏の暑い夜は熱気が部屋にこもりやすいので扇風機を使って部屋の空気をうまく窓から逃がす!
扇風機を外に向けて回すと室内の熱気が外に出やすいようです。

そして扇風機は足元に置く!
発熱量が大きい足を冷やすことで、体温を効率よく下げられます。
クーラーと併用する場合など、体が冷えすぎてしまう方は首振り機能を利用したり
扇風機との距離を調節すると良いのだとか。

まだまだ暑い日は続きますが、様々な工夫をしながら暑い夏を乗り切りましょう。

posted by にしむらクリニック at 08:00| クリニック便り

2018年07月01日

織姫と彦星

梅雨が明け、真夏の到来を感じさせるかのような暑い日が続いていますね。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

さて、早いものでもう7月ですね。
七夕飾りが街を彩る季節になりました。
最近ではショッピングセンターなどにも笹が飾られ、短冊が用意されている場所も増えたような気がします。

七夕と言えば「織姫と彦星が1年に1度会うことができる日」。
子供心にこの日だけは晴れるといいなぁと思っていたことを思い出します。
こと座のベガが織姫星、わし座のアルタイルが彦星だと言われていますが、天の川を挟んだこの2つの星は、旧暦の7月7日(今の8月12日頃)に最も光が強く見えることから中国ではこの日を重要視して織姫と彦星の伝説を作ったそうです。
ちなみに、天の川はどこにあるのだろうといつも思っていましたが、調べてみると新暦の7月7日は、晴れていても月明りの影響があり天の川が見えないことが多いんだそうです。
ですが今年は月明りの影響が少なく比較的見やすい条件が揃っているようですよ。

そういえば、東京へ来て空を見上げることが少なくなったなと感じます。
地方に比べ見える星は少ないかもしれませんが、
皆様も時には夕涼みをしながらゆっくりと空を見上げてみてはいかがでしょうか。


七夕


posted by にしむらクリニック at 08:00| クリニック便り

2018年06月01日

梅雨

みなさま こんにちは。
沖縄は5月8日頃に梅雨入りしましたので、例年ひと月ほど遅い東京の入梅もそろそろでしょうか。
さて、なぜ「梅」の雨と書くのでしょう。
調べてみましたら諸説ある中で「梅が熟する時期の雨だから」という説がありました。
店頭には、梅干しや梅ジュース作りのための梅が並ぶ頃ですね。

梅干しは昔からお弁当やおにぎりの具材として、おなじみですね。
私は梅干しにかつお節を混ぜ、しょう油をかけてから、おにぎりに入れるのが好きです。

梅の酸味成分であるクエン酸は唾液の分泌を促して食欲を増進させます。
胃液や消化酵素の分泌を高めて消化吸収を助けてくれます。
そして何よりクエン酸は疲労回復に効果が期待できます。

気温の変化や湿度の高さで体調を崩しやすいこの時期に、梅干しで疲労回復をするのもいいかもしれません。
梅干しに熱いお茶やお湯を入れて梅茶にすると簡単ですよ。
みなさま、どうぞ体調管理にお気をつけてお過ごしくださいね。

先日、雨の中できれいな紫陽花が咲いていました。

image1.jpeg


posted by にしむらクリニック at 08:00| クリニック便り