2018年04月01日

新年度を迎えて

今年は桜の開花が例年より早いですね。あっという間に満開になっています。
この時期は外を歩いていても車窓から景色を眺めていても、目が桜を探しています。

私は桜の花の色も好きですが、桜の木の色も好きです。
深みのある焦げ茶色のようなチョコレート色のような幹や枝もまた、他の木にはない魅力ではないでしょうか。
桜の木があの色だからこそ、淡いピンク、濃いピンク、白などの様々な色とのコントラストが見事で、美しさをより一層際立たせているような…。最高の立役者です。
そして、「桜の木の色の洋服に淡いピンクのストールが合うだろうな」、とか、「チョコレートケーキにピンクのクリームがのっていたら素敵だろうな」、とか、“花より団子”的な想像をついつい膨らませてしまいます。

さて、この時期は様々な変化がある時期ですね。
卒業式や入学式、新学期、異動…環境が大きく変わる節目では、ワクワクと浮足立つ反面、緊張や不安も感じやすいです。
また、寒暖差も激しく、花粉や塵などで空気も霞がちで、なかなか過酷な季節でもあります。

新年度のスタート、くれぐれも体調管理に気をつけてお過ごしくださいませ。

201804.jpg


posted by にしむらクリニック at 08:00| クリニック便り

2018年03月01日

桜の効能

こんにちは。

3月に入り、少しずつではありますが、春の訪れを感じられる季節になってきましたね。

先日、ひと足早く春の訪れを感じようと、バスツアーに参加してきました。神奈川県の三浦半島に河津桜を見に行くというもので、鮮やかなピンクに色づく河津桜の桜並木を散歩して、身も心も癒されてきました。

桜はその存在から、私たちの五感に訴えかけてくるものがあるような気がしてなりません。
桜の開花そのものが、春の訪れを感じさせてくれますし、何だか幸せな気分にさせてくれますよね。

実際のところ、桜の効能として、桜の淡い香りには、心を和ませる効果があるそうです。また、桜の薄いピンク色には、心身の若返りをはじめ、緊張を和らげたり、幸福感や安心感をもたらすなど、気持ちを穏やかにしてくれる効果もあるそうです。さらには、桜をモチーフにした食物も多くありますが、例えば、桜餅などに使われる桜の葉っぱには、胃腸を整える作用があるとのことです。

この春は、桜を、目で見て、触れて、匂って、味わってみてはいかがでしょうか?
五感をフルに活用して、心身ともにリラックスしてみて下さい。

201803.jpg
posted by にしむらクリニック at 08:00| クリニック便り

2018年02月01日

季節の変わり目

新年が明け、早いもので一か月が経ちました。
先月末には東京都でも大雪が降り、その後も記録的な寒さが続いていますね。

さて、2月3日は節分です。
季節の始まりである「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前の日を「節分」と呼びます。
中国では季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられていました。
そこで、新年を迎えるのと同じくらい重要視されている立春の前の節分の日に、邪気(鬼)を追い払い、1年の無病息災を願うための儀式として豆まきが行われるようになったそうです。

さらに最近では、節分に恵方巻を食べるというのも浸透してきていますね。
今年の恵方(=年神様のいる方角)は南南東だそうです!
黙って食べきらなくてはと分かってはいるものの「これ美味しい!」「ちょっとお腹いっぱいになってきた…」なんてつい口に出したくなってしまいます。
食べ終えるとなぜか達成感さえ感じます。

皆さまは、今年はどんな節分をお過ごしになりますか?

皆さまが今年もお元気で過ごせますように、
そしてお一人お一人の願いが叶う一年でありますように…


1801.jpg



posted by にしむらクリニック at 00:38| クリニック便り