2016年09月21日

台風へのワクワク

みなさま、こんにちは。

9月に入って、朝晩は涼しくなり、ようやく秋の雰囲気が出てきました。

今年は台風が日本列島を直撃することが多く、猛威をふるっています。

天気予報を見ては、「電車は動いているのかな?」「目的地まで辿りつけるのか?」
「途中で電車が止まったらどうしよう?」など、
現実的なことがらに、不安を感じてしまいます。

そんな不安を感じる一方で、自分が小さい頃には、
台風が来ると言うと、ワクワクする感じを抱いていたことを思い出します。

改めて考えれば、台風は大きな災害をもたらすこともあり、
このワクワクする感じが、不謹慎にも思われます

気になって調べたところ、ある学者さんによれば、
「何が起こるか分からない、という偶有性に向き合い、
その状況に柔軟に対応するためには、いたずらに怖がったり、不安を感じていては、
フリーズしてしまい、臨機応変に動けない。だからワクワクすることで適応しようとする」
という説を述べていました。

生きている以上、いつ何が起こるか分かりませんし、それを避けることも出来ません。
急に訪れた出来事には、それはそれとして受け止めつつ、
「ワクワク」する感じも持ちながら、何とか乗り切っていく、
そんな考え方もあるのかもしれませんね。

天候が変動しやすい時期ですが、体調に留意しながらお過ごしください。



posted by にしむらクリニック at 08:00| クリニック便り