2017年05月01日

春バテに注意

こんにちは。

5月になりましたね。

4月といえば、生活環境が変わる時期ですね。
入学、進学、入社、転勤、人事異動に組織変更、引っ越しなど・・・。
自分自身や家族の生活に変化が生じた方も多いかもしれません。

私自身も、年度が替わって、職場環境が変わることになり、
新しいことに挑戦することになったのですが
そのことで、日々不安や緊張を抱えながら過ごしています。

一方で、春の天候は、ようやく暖かくなってきたと思いきや、夜はめっぽう寒く、寒暖差に身体がついていけずに、すっかり体調を崩してしまいました。

色々と対処を講じてもなかなか治らず、インターネットで症状を打ち込んだところ、
「春バテ」というキーワードに出会いました。

皆さん、「春バテ」という言葉、ご存知でしょうか?
聞きなれない言葉に、ピンとこない方も多いのではないでしょうか?

春バテとは、文字通り、春にバテてしまうことです。
具体的には、自律神経が乱れ、夏バテのような「だるい」「やる気が出ない」などの症状が現れたり、「頭痛」「イライラ」「不安」など、夏バテにはない、春特有の症状が現れたりもします。

「春バテ」の要因はいくつかあるようですが、以下のものが挙げられます。
(1) 激しい寒暖差
(2) 目まぐるしい気圧の変化
(3) 生活環境の変化

春バテの予防と対策には、身体を温めて、自律神経を整えることです。例えば、ゆっくりお風呂に入って、十分に身体を温めたり、深呼吸を含めて、身体を動かしたり、ストレスを溜めずに、発散することが大事です。

いよいよゴールデンウィークも始まります。しっかりと春バテへの予防と対策をして、春を楽しんでいきましょう。

201705-01.jpg


posted by にしむらクリニック at 09:00| クリニック便り