2017年07月03日

小さな発見

こんにちは。

7月に入り、早いもので2017年も半分が過ぎましたね。

関東は6月7日に梅雨入りしました。

ここ数日は、雨が降ったり止んだりで、すっきりしない梅雨らしいお天気が続いています。

体調管理が難しい時期ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。


梅雨といえば、紫陽花が見頃ですね。

小さくかわいらしい花が集まり大輪を咲かせる形も素敵ですが、その色も魅力です。

紫や青、ピンクなど色とりどりで綺麗ですよね。

実は、紫陽花の色は土の性質によって変わるらしいのです。

土が酸性だと青色が強くなり、アルカリ性だとピンク色が強くなるそうです。

その話を聞いたときに、小学生の頃に理科の実験で使ったリトマス紙を思い出し、懐かしい気持ちになりました。

それからは、紫陽花を見つけては、ついその色合いに目がいきます。

濃いピンク色の花を見ると「この土はアルカリ性なのかな」、青色の紫陽花が咲き誇っている様子に「酸性の土から咲いたのかな」…。

そうやって観察していると、実は紫陽花には、白色の花や、一つの花に青とピンクが混ざったような花もあることに気づきます。

すると、また新たな疑問が湧きおこり、好奇心がむくむくと育ちます。

こんな風に、普段何気なく見ている風景も、ほんの少し視点を変えるだけで、新たな発見につながることを実感しました。

その発見によって、喜びや懐かしさを思わぬところで感じることもあるかもしれません。


さて、梅雨が明けるといよいよ夏本番です。

夏が待ち遠しい!という方のために、沖縄の海の写真を1枚。

みなさまの今日1日が、より豊かなものになりますように。

お身体に気をつけてお過ごしくださいませ。

201707.jpg


posted by にしむらクリニック at 21:30| クリニック便り