2018年06月01日

梅雨

みなさま こんにちは。
沖縄は5月8日頃に梅雨入りしましたので、例年ひと月ほど遅い東京の入梅もそろそろでしょうか。
さて、なぜ「梅」の雨と書くのでしょう。
調べてみましたら諸説ある中で「梅が熟する時期の雨だから」という説がありました。
店頭には、梅干しや梅ジュース作りのための梅が並ぶ頃ですね。

梅干しは昔からお弁当やおにぎりの具材として、おなじみですね。
私は梅干しにかつお節を混ぜ、しょう油をかけてから、おにぎりに入れるのが好きです。

梅の酸味成分であるクエン酸は唾液の分泌を促して食欲を増進させます。
胃液や消化酵素の分泌を高めて消化吸収を助けてくれます。
そして何よりクエン酸は疲労回復に効果が期待できます。

気温の変化や湿度の高さで体調を崩しやすいこの時期に、梅干しで疲労回復をするのもいいかもしれません。
梅干しに熱いお茶やお湯を入れて梅茶にすると簡単ですよ。
みなさま、どうぞ体調管理にお気をつけてお過ごしくださいね。

先日、雨の中できれいな紫陽花が咲いていました。

image1.jpeg


posted by にしむらクリニック at 08:00| クリニック便り