2019年09月01日

夏の夕暮れ

うだるような暑さから開放される時間が日に日に多くなってきたような気がしますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
特に朝方や夕暮れ時には涼しさを肌で感じるようになり、夏も終わりに近づいているのかなとほっとする気持ちと、どこか寂しくて切ない気持ちが入り混じります。

今年の夏は、特に夏らしいイベントには残念ながら参加できませんでしたが、実家へ帰省した際にちょうど近くで花火大会が開催されていました。
会場には出向きませんでしたが、部屋を暗くし窓を開けて、お腹の奥の方に響く音と、隣家の屋根の上にかろうじて見える高いところで開く大きな花火を楽しみました。
母と「部屋の中でも一緒に観れたら充分だね」と話しながら観たことは、なにか心に残る思い出となりました。
なにか特別な思い出ができた夏も素晴らしいですが、いつも通りの夏を大切に過ごすことも素敵なことだなと思います。

私はそれぞれ楽しみどころがある日本の春夏秋冬が大好きです。9月に入り秋の兆しも見えてきたところで、紅葉のきれいなところで美味しいご飯を食べに行く計画を立てようと思います!

201909.jpg

posted by にしむらクリニック at 09:30| クリニック便り