2017年10月01日

秋の香り

こんにちは。

10月に入り、今年も残すところ3ヶ月となりました。
「もう10月!」「まだ10月か〜」どちらを感じるかは人それぞれですね。

忙しい日々に追われていると、季節の移り変わりを感じることもないまま通り過ぎてしまいます。

9月の終わり頃に散歩をしていたときのことです。
時折吹く風は秋めいてきましたが、日差しは暑く、動くと半袖でも汗ばむ気候でした。まだまだ暑いなーと思いながら歩いていると、嗅ぎ慣れない香りがふわっと漂ってきました。
これはなんの香りだろうと思いキョロキョロと…
すると、足元にたくさんの木の実が潰れているのを発見しました。

顔を上げると、そこにはまだ青々としたイチョウの木々が広がっていました。少し気の早い銀杏の実がいくつか落ち、潰れて、香りを放っていたのです。
いつも通っている道ですが、そこに生えている木が銀杏だとは気がつきませんでした。

そういえば、夏にうるさかった蝉の鳴き声はいつの間にか聞こえなくなり、かわりに鈴虫が大合唱しています。

たまには、秋を見つけに外へ出かけるのもいいものです。

200710.jpg


posted by にしむらクリニック at 08:00| クリニック便り