2020年09月01日

苦手も愛おしい

8月は厳しい暑さが続きましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

私は「今日はお風呂上りに何味のアイスを食べようかな〜」と考えて楽しんでいます。最近はラムレーズンの美味しさに気付いてしまいました。大人の味!

さて、今月もまだ厳しい暑さとなりそうなので、涼しげな話題をお届けしようと思います。

私は水族館が好きで、以前は電車で行ける範囲でよく出向いていたり、旅行先でも水族館があれば寄ったりしていました。

09.jpg


この写真は、去年水族館に行った際に初めて見た魚なのですがご存知ですか?
名前は「フウセンウオ」といい、日本海など寒い地域に生息している魚です。
フウセンウオはお腹にあるヒレを使って岩や海藻などにくっつく習性があるのですが、なんのためにあるのでしょうか…

実は、フウセンウオは魚なのに泳ぐのが苦手で、すぐ流されてしまうからだそうです…
みんなして岩や海藻にくっついている姿になんとも言えない愛おしさを感じて、つい写真をたくさん撮ってしまいました。

魚にもそれぞれ弱いところや得意技があるように、私たちもみんなそれぞれ特徴があって、それぞれに素晴らしいところがあって愛おしいなぁ、とこの写真に思いを馳せてみました。

まだまだ日常は落ち着かないですが、このフウセンウオを見習って、地に足をつけて踏ん張りたいものです。
これからも暑い日が続きますが、お身体大切にされてください。
posted by にしむらクリニック at 07:45| クリニック便り