2019年11月01日

芸術の秋

一段と日が暮れるのが早くなり、
晩秋の気配が感じられるようになりました。

先月のブログで「○○の秋」という話がありましたが、
私の今年の秋は「芸術の秋」です。
この秋は美術館に行ったり、
カメラを持って出かけたり、
様々な形で芸術を楽しむようにしてみました。

これまでは美術館と聞くと 、
芸術的なものってなんだか難しそう…
見てもわからないんじゃないかな…
というイメージが私の中ではありました。
しかし、実際に美術館に行ってみると
私たちの身の周りにある素材を使った現代アートがあったり、
100年近く前の作品からも 現代に通ずるところを感じたり、
難しいことは考えずに楽しむことができました。

そんな見方もあったのか!
こんな表現方法があるのか!
など 新しい発見ができることも刺激的でした。

美術館より気軽に入れる、
無料のアートギャラリーもたくさんあるので
そういったところにも行ってみようと思います。
みなさまも休日のお出かけにいかがですか?

IMG_8888.jpeg


posted by にしむらクリニック at 12:10| クリニック便り

2019年10月01日

「〇〇の秋」

やっと気候も秋めいて、涼しい日が増えてきましたね。
食欲の秋、芸術の秋、睡眠の秋…〇〇の秋という言葉はたくさんありますが、皆様は一番に何を思い浮かべますか?

最近、私はというと、日々の運動不足を解消しようとランニングを始めてみました。
ちょうどセール品になっていたランニングシューズを見かけ、最近調子が上がらないのは運動不足も関係しているのかもなと思い立ち、これも何かの縁だ!と思い切って買ってみました。
ランニングと言っても、ほとんどウォーキングのようなものですが、それでも少し距離を進むとぜぇぜぇはぁはぁ息が上がり「もうダメだ…誰か助けて…」と大げさなくらい疲れ果ててしまいます。
それでも「今日はここまで」「この間はここまで走ったから今日は少し先のここまで」と、少しずつ少しずつ、それこそ2〜3mずつくらい目標を長くしてみると、‘もう限界’と思った後も、数mは最後の力を振り絞り、目標地点まで行けるようになってきました。

ランニングを始めて改めて気づいたことは、‘目標地点は確実に達成できそうで、でもほんの少しだけ無理をしないとたどり着けない地点に設定する’ことです。
この‘ほんの少しだけ’というのがミソですね。
遠くに設定しすぎても、途中で心が折れてしまって、諦めたくなってしまう。
近くに設定しすぎても、簡単に到達できてしまって達成感が得られない。
この‘ほんの少しだけ無理をする必要があるけど確実に達成できるだろう地点’に設定することで、目標に到達して達成感を感じることができるし、「よく頑張った自分!えらい!」と思いっきり自分を褒めることができるなと感じます。
しかも口に出して言います。そうするとさらに気分が良くなります(笑)
ということで、私の秋は「運動の秋」になりそうです。
なんとか続けていきたいと思います。

皆様にとっても、少しでも気持ちのよい秋でありますように。

201910.jpg
posted by にしむらクリニック at 11:46| クリニック便り

2019年09月01日

夏の夕暮れ

うだるような暑さから開放される時間が日に日に多くなってきたような気がしますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
特に朝方や夕暮れ時には涼しさを肌で感じるようになり、夏も終わりに近づいているのかなとほっとする気持ちと、どこか寂しくて切ない気持ちが入り混じります。

今年の夏は、特に夏らしいイベントには残念ながら参加できませんでしたが、実家へ帰省した際にちょうど近くで花火大会が開催されていました。
会場には出向きませんでしたが、部屋を暗くし窓を開けて、お腹の奥の方に響く音と、隣家の屋根の上にかろうじて見える高いところで開く大きな花火を楽しみました。
母と「部屋の中でも一緒に観れたら充分だね」と話しながら観たことは、なにか心に残る思い出となりました。
なにか特別な思い出ができた夏も素晴らしいですが、いつも通りの夏を大切に過ごすことも素敵なことだなと思います。

私はそれぞれ楽しみどころがある日本の春夏秋冬が大好きです。9月に入り秋の兆しも見えてきたところで、紅葉のきれいなところで美味しいご飯を食べに行く計画を立てようと思います!

201909.jpg

posted by にしむらクリニック at 09:30| クリニック便り