2018年05月01日

日本一の山

皆さんこんにちは。
寒暖の差が激しい毎日ですが、皆様いかがお過ごしですか?

私は先日、伊豆まで足をのばし、富士山を見てきました。
東京からも富士山を臨むことはできますが、近くで見るとやはり圧巻の雄大さです。
山容、山頂の雪と青空とのコントラスト、全てが美しく、感動しました。
雄大な自然を前にすると、心も開放されるような気がしますね。

「田子の浦に うち出(い)でてみれば 白妙(しろたへ)の
富士の高嶺(たかね)に雪は降りつつ」
皆さん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
百人一首の中でも有名な、山部赤人の句です。
千年以上も前の人が同じ山を見て同じように心を奪われていたのだなと思うと不思議な気持ちになります。
時代は移り変わっても、変わらず人々に感動や癒しを与えてくれているのですね。

環境の変化が多い4月が終わり、5月は疲れの出やすい時期です。
お家でゆっくり身体を休めることも大切ですが、この時期にしか見られない景色を見に、少し足をのばしてみてはいかがでしょうか。
身体も心もリラックスして、のんびりとした時間を過ごされてください。

2018045.jpg


posted by にしむらクリニック at 08:00| クリニック便り

2018年04月01日

新年度を迎えて

今年は桜の開花が例年より早いですね。あっという間に満開になっています。
この時期は外を歩いていても車窓から景色を眺めていても、目が桜を探しています。

私は桜の花の色も好きですが、桜の木の色も好きです。
深みのある焦げ茶色のようなチョコレート色のような幹や枝もまた、他の木にはない魅力ではないでしょうか。
桜の木があの色だからこそ、淡いピンク、濃いピンク、白などの様々な色とのコントラストが見事で、美しさをより一層際立たせているような…。最高の立役者です。
そして、「桜の木の色の洋服に淡いピンクのストールが合うだろうな」、とか、「チョコレートケーキにピンクのクリームがのっていたら素敵だろうな」、とか、“花より団子”的な想像をついつい膨らませてしまいます。

さて、この時期は様々な変化がある時期ですね。
卒業式や入学式、新学期、異動…環境が大きく変わる節目では、ワクワクと浮足立つ反面、緊張や不安も感じやすいです。
また、寒暖差も激しく、花粉や塵などで空気も霞がちで、なかなか過酷な季節でもあります。

新年度のスタート、くれぐれも体調管理に気をつけてお過ごしくださいませ。

201804.jpg


posted by にしむらクリニック at 08:00| クリニック便り

2018年03月01日

桜の効能

こんにちは。

3月に入り、少しずつではありますが、春の訪れを感じられる季節になってきましたね。

先日、ひと足早く春の訪れを感じようと、バスツアーに参加してきました。神奈川県の三浦半島に河津桜を見に行くというもので、鮮やかなピンクに色づく河津桜の桜並木を散歩して、身も心も癒されてきました。

桜はその存在から、私たちの五感に訴えかけてくるものがあるような気がしてなりません。
桜の開花そのものが、春の訪れを感じさせてくれますし、何だか幸せな気分にさせてくれますよね。

実際のところ、桜の効能として、桜の淡い香りには、心を和ませる効果があるそうです。また、桜の薄いピンク色には、心身の若返りをはじめ、緊張を和らげたり、幸福感や安心感をもたらすなど、気持ちを穏やかにしてくれる効果もあるそうです。さらには、桜をモチーフにした食物も多くありますが、例えば、桜餅などに使われる桜の葉っぱには、胃腸を整える作用があるとのことです。

この春は、桜を、目で見て、触れて、匂って、味わってみてはいかがでしょうか?
五感をフルに活用して、心身ともにリラックスしてみて下さい。

201803.jpg
posted by にしむらクリニック at 08:00| クリニック便り