2023年11月01日

とある休日の昼下がり

 「あなたがリクエストされた資料の用意ができました」
 メールにこのお知らせが入ると、私はお休みの日に図書館に歩いて出かけます。

 ご飯を食べて、お腹が満たされた真昼間。「近所だし、まあいっか」と髪の毛だけ適当にブラッシングして、洗濯かごからまだ洗っていない服にサッと着替えます。

 持ち物は図書カードだけ。外は晴天。身体中が暖かな陽ざしに包まれます。耳をすませば、近所の小学校のチャイムが聞こえ、再び静寂に包まれました。

 坂を上ると、公園のベンチに人影が。ここは草木が生い茂っていて、あまり人を見かけません。よく見ると読書をしている。それはいいかも!誰にも邪魔されず、思う存分手のひらの小さな世界にダイブできそうだ!

 そんなことを考えていると、小学生が渡り廊下を駆けっていきました。目的地はすぐそこです。

 受付で図書カードを渡し、リクエストしていた本を受け取ります。
 「貸出期間は2週間です」

 また2週間後。この何でもない昼下がりが繰り返されます。でも、慌ただしく過ぎ去る日々の合間には、こういった時間もいいのかも。

11.jpg


posted by にしむらクリニック at 07:00| クリニック便り

2023年10月01日

秋の味覚

秋分の日が過ぎて、朝晩はぐっと気温が低くなり、いくぶん過ごしやすいですね。
ただ、日中はまだまだ暑い日もあり、寒暖差に気をつけたいところです。

先日、ぶどう農家にぶどうを買いに行ってきました!

そこでは、自分で選んだぶどうを収穫して、その場で購入することができます。

ずらーっと美味しそうなぶどうが育っている光景は圧巻です!

もぎたてのぶどうは新鮮でどれも美味しいのですが、とくに甘いぶどうを選ぶコツを農家の方に教えていただきました。

(1) 色が濃くて小さい粒のものを選ぶ
(2) 枝先の方になっているものを選ぶ(先の方に栄養を届けようと甘くなるそうです?!)
(3) 粒のまわりに白い膜があるものを選ぶ(白い幕は汚れなどではなく、ぶどうが自身を保護するために出す膜だそうです)

ありがたいアドバイスをぶつぶつと念じながら、吟味して選びます。

これだ!と、いざ茎にハサミをいれます。思ったよりも、硬い…片手では切れません。えいっと両手に力を込めます。

なんとか無事に手に収まり、ずっしりとした重みを感じます。

そんな苦労(大したことではありませんが)もあり、自分で収穫したぶどうは格別なお味です!
常温でも甘いのですが、冷蔵庫で冷やすとさらに甘味が際立ってより美味しくいただけました。

10.jpg


posted by にしむらクリニック at 13:43| クリニック便り

2023年09月01日

夏の楽しみ方

うだるような残暑が未だ続いておりますが、体調を崩されていませんでしょうか?
秋はまだ遠い存在のように感じて、全く顔を覗かせてもくれませんね
なんならこちらから走ってでも迎えに行きたいものです

今年の夏は、「4年ぶりの〇〇」といった言葉をよく見たように思います
花火大会やお祭りなど、久しぶりに出向いた方もいらっしゃったのではないでしょうか?

私も気持ちとしては、参加してせっかくの夏を楽しみたかったのですが
どうもこの4年を経て、人の多さに対する億劫さが優勢になってしまったように思います…

夏らしさを味わいたいけど、涼しい家に居たい。
この2つの気持ちを共存させるために、私はスーパーへ向かいました
トウモロコシ、焼きそば、ラムネ、かき氷系のアイス…など
夏祭りの屋台を思い描きながらカゴへお迎えします

帰宅後に準備を整えたら、TVの花火大会中継をつけて、完成です!

確かに味覚や視覚は夏らしく、涼しい環境で私は充分楽しめました
ただやはり、その場でしか味わえないような空気感もあるのだろうなぁとは思います

メディアなどが充実して楽しみ方が増えた分、工夫の仕方も増えたように感じます
皆さまがこうしたいと思う感覚を大切にして、暑い夏にも良い思い出が残りますように!

09.jpg


posted by にしむらクリニック at 01:39| クリニック便り