2017年11月01日

思いがけない変化

暑い夏が終わり、朝晩は冷え込むことも多くなりましたね。
季節の変わり目、体調も崩しやすい時期かと思いますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

少しずつ寒くなりはじめ、朝布団から出るのがおっくうな季節になってきました。
布団といえば、私は昔から夢を見ることが多く、
嫌な夢を見てぐっすり眠れなかった時期がありました。

ところが最近、良い夢を見てすっきり気持ちよく起きられることが多くなりました。
そういえば最近布団カバーを新しくしたことに気が付きました。

少しふわふわとした生地のものに変え
確かに寝心地が良くなったなとは感じていたのですが、
安く手に入れたカバーがこんな変化をもたらしてくれるとは。

晴れた日にお布団を干してみたり、寝心地の良い生地のものを探してみたり、
枕の高さを変えてみたり…
ちょっとした工夫で良い睡眠が得られるのかもしれません。

食欲の秋、紅葉の秋、読書の秋…
色々な秋を楽しみながら、冬をむかえましょう。

201711-01.jpg


posted by にしむらクリニック at 08:00| クリニック便り

2017年10月01日

秋の香り

こんにちは。

10月に入り、今年も残すところ3ヶ月となりました。
「もう10月!」「まだ10月か〜」どちらを感じるかは人それぞれですね。

忙しい日々に追われていると、季節の移り変わりを感じることもないまま通り過ぎてしまいます。

9月の終わり頃に散歩をしていたときのことです。
時折吹く風は秋めいてきましたが、日差しは暑く、動くと半袖でも汗ばむ気候でした。まだまだ暑いなーと思いながら歩いていると、嗅ぎ慣れない香りがふわっと漂ってきました。
これはなんの香りだろうと思いキョロキョロと…
すると、足元にたくさんの木の実が潰れているのを発見しました。

顔を上げると、そこにはまだ青々としたイチョウの木々が広がっていました。少し気の早い銀杏の実がいくつか落ち、潰れて、香りを放っていたのです。
いつも通っている道ですが、そこに生えている木が銀杏だとは気がつきませんでした。

そういえば、夏にうるさかった蝉の鳴き声はいつの間にか聞こえなくなり、かわりに鈴虫が大合唱しています。

たまには、秋を見つけに外へ出かけるのもいいものです。

200710.jpg


posted by にしむらクリニック at 08:00| クリニック便り

2017年09月01日

ほほえましい光景

こんにちは。9月になりましたね。

夏が終わり、秋へと向かっていますが、いまだ蒸し暑い日々が続きますね。
私は、先日、花火大会に行ってきました。
そこで出会った、ほほえましい光景をご紹介します。

花火大会が始まる前に、食事の調達をしようと屋台の行列に並んでいた時のことです。
非常に行列が長く、並んでいる合間に、花火大会が始まってしまいました。
注文まであと少しだったため、行列に並んだまま、花火を眺めることにしました。

そんな中、後ろから泣き声が・・・。
そこには、1歳ぐらいの男の子とその両親がいて、
その子は、花火を見る余裕はまったく無く、
お母さんの腕にしがみついて、ただただ泣きじゃくっていました。

お母さんがその子をギュッと抱きかかえながら、「花火きれいだよ〜」と声をかけてあやしていると、じきに泣きやみ、しまいには、花火をチラチラと見るまでに至りました。
この間、その子は何を感じていたのでしょうか。

身体にまで響いてくる爆音の大きさに圧倒されていたり、
花火が自分に迫ってくるような体験に、恐怖を感じていたのでしょう。
その後、状況に慣れてくると、夜空にキラキラと光る花火のきれいさに興味をひかれていったのかもしれません。

初めての場面にこわがる子どもそれに寄り添うお母さん。
子どもとしっかりと向き合って、スキンシップを取ることで、
子どもの気持ちは落ち着き、次第に恐怖が和らいでくる。

親子の何気ないやり取りが、微笑ましく思えた瞬間でした。


200709.jpg


posted by にしむらクリニック at 09:23| クリニック便り